虫歯の治療や親知らずの抜歯まで、治療のみならず予防にも力をいれております。

一般・予防歯科について

虫歯や歯周病は細菌が感染して、口の中で増殖する事によって引き起こされます。
一度感染すると、細菌を完全に除去することは、不可能です。
(たいていは、乳幼児時期に感染します)
ただ、細菌の数が少なければ、体の免疫等の防御機能によって虫歯や歯周病になる事はほとんどないです。
細菌を少なくするには、日頃の正しいブラッシングと歯科への定期的な受診が必要になります。

歯ブラシは自己流でなく、ちゃんと的確に細菌を落とさないと無駄な歯ブラシになってしまい、虫歯の再発や歯周病の悪化に繋がります。また、間違った歯ブラシは歯を削ってしまったり、歯茎を傷つける原因にもなります。
当院では、患者様のお口の健康を保つため、正しい歯ブラシをお教えしております。
また、スタッフによる定期的なお口の清掃をして、歯周病や虫歯を予防しております。

虫歯について

C0

 

C1

 

C2

 

C3

 

C4

C0:歯の表面の脱灰(再石灰化が期待できます)
C1:エナメル質内の虫歯
C2:象牙質内の虫歯
C3:神経まで達する虫歯
C4:根だけになってしまった虫歯

C0はほとんど問題なく、正しい歯ブラシと定期検査で進行を止める事が可能です。
C1、C2は削る必要が出てくる虫歯です。
虫歯の大きさや部位によっても変わりますが、保険では基本的に銀歯のつめ物になる事が多いです。小さいものや力のかからない部位なら白い樹脂で埋める事も可能です。
C2などは、虫歯が深い場合、神経の治療になる事もあります。
C3はかなり大きい虫歯です。患者様自身もはっきり分ると思います。
大きな穴や痛み、歯茎の腫れ等を伴います。
神経の治療がほとんどの場合、必要になります。
C4は歯がほとんど欠けてしまい、根だけになった場合が多いです。たいていは抜歯になりますが、根の状態が良ければ差し歯にする事も出来る可能性があります。

根(神経)の治療

虫歯が深かった場合や根の先に膿がたまった場合等に神経の治療になります。
神経を取ると一時的に痛みは止まります。
時々、痛みが止まったからと来院されなくなる患者様がいらしゃいますが、神経の治療を途中で放置すると 後々、もっと大変な治療か抜歯になることが多いです。
また、歯の神経を取ったのに痛くなったとか聴きますが神経はすべてそうですが、歯の神経も脳まで繋がっています。神経を取ったと言っても歯の根の先端で切断した状態になっています。 切断したところはしっかり処置をしないと、後々問題が出てきます。 
一度、神経の治療を始めたら、その歯の処置が終わるまではちゃんと歯科に通った方が結果的に短い時間で最善な治療が行なえると思います。

親知らずの抜歯

親知らずの周囲の歯肉が炎症を起こし、口が開かなくなる方も中にはいらっしゃいます。 また、親知らずのせいでしっかりと歯磨きができない方は、それが原因で他の健康な歯にまで悪い影響を与えてしまうことがあります。 何回も、親知らずの周囲が炎症するようでしたら、お口周りだけでなく、身体にも良い事ではないので早めの抜歯をお勧めしています。