インプラント治療では専用個室を設け、最新のマクロスコープで高精度の治療を提供しております。

今泉歯科診療院のインプラント治療

今泉歯科診療院では、より精度の高いインプラント治療を提供するため、歯科用手術用顕微鏡”マイクロスコープ”をいち早く導入し、診査・診断から処置・予防まで、幅広く日々の臨床に活用しております。術前・術後や術中の様子を、動画によって詳しく説明することが可能なため、十分なインフォームドコンセントにも役立っております。
耳鼻咽喉科をはじめとして眼科、脳外科、形成外科など他領域では今や常識になったマイクロスコープですが、当院ではこのデンタルマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した治療を行っております。

欧米人と日本人とでは、骨格が違うように、顎の形態、大きさ、厚みが違います。 日本人には日本人に合ったインプラントを使用する必要があります。国産インプラントは日本国内に登場して、20年近くの実績があります。当歯科医院では、インプラント業界の中でも一番注目されている”国産インプラント”をご用意しています。


当歯科医院では、患者様の症状やご要望に対応するため、複数のインプラントを取り揃えておりますので、お気軽にご相談下さい。

当歯科医院では、精緻な作業を伴う歯科治療において、より正確で精度の高い治療を実現するために、歯科用CT(デジタル式歯科用パノラマX線診断装置)を導入しております。

歯科用CTを用いた3次元の立体画像での診断を行い、顎の骨などの立体的な構造を分析することができるようにりました。従来のレントゲン診断では把握できなかった、顎や歯の内部、神経や血管などの位置を正確に把握し、インプラント治療をより安全で確実な治療にしております。
 

また、放射線被ばく量に関しましても、最新の歯科CTを挿入することにより、医科用CTに比べ遥かに少ない10分の1程になっております。
患者様の負担を最小限に抑えた診断を実現しております。

従来の治療法とインプラント治療の違い

骨と完全に結合したインプラント体の上に取り付けられた歯は、入れ歯やブリッジとは違ってその歯自体が顎の骨にしっかりと固定されているので、周りの歯に負担をかけることはなく、天然の歯に近い噛む力と耐久性、審美性を得ることが出来ます。入れ歯やブリッジは、インプラントとは違って周囲の歯に大きな負担をかけてしまうため、今残っている自分の歯の寿命を少なからず縮めることに繋がります。

ブリッジ

歯が一本抜けた場合、両隣の歯を削ってブリッジにします。

歯の抜けた所へインプラントを埋入。
周りの歯は削りません

部分入れ歯

金具で固定するため、支えている歯に負担がかかってしまう。

入れ歯を固定する金具がないので他の歯に負担をかけません。

総入れ歯

噛みづらかったり、発音・発生に不便を感じる場合があります。

数本のインプラントで入れ歯をしっかり固定。
ズレる心配がありません。

インプラントとは、周囲の歯に負担をかけることなく、失ったはずの歯を人工的に取り戻す、すばらしい歯科治療です。
周りの歯に負担をかけずに歯を立てられるということは、今残っている自分の歯を守ることにもつながります。