大切なお子様の歯を守るために、フッ素やシーラントなどの小児歯科予防をお勧めしております。

大切なお子様のために

小さなお子さんの治療は、まず怖がらせないようにすることが治療の第一歩だと考えています。お子さんそれぞれの性格や心理状態を充分に考慮し、年齢に応じた無理のない治療や予防を中心とした治療を行います。 ご要望により、フッ素塗布シーラント治療ブラッシング指導も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

 
フッ素塗布

フッ素には大きく3つの働きがあり、子供たちの虫歯予防に効果的です。

歯の表面にフッ素を塗布することにより、虫歯菌の酸で溶けにくく、虫歯になりにくい歯にします。特に、お子様の生えたばかりの歯の表面は柔らかく、虫歯になりやすいので、お子様の虫歯予防にお勧めしております。

 
シーラント治療

奥歯の溝が細く深く複雑な形をしている場合、歯磨きをしてもなかなか汚れがとれず残ってしまいます。シーラントは、この溝をあらかじめふさぐ事(歯を削ったりしません)で虫歯予防に効果を発揮します。また、シーラントには、フッ素が含まれています。したがってシーラントによって溝がふさがっている間は、持続的にフッ素が歯に吸収されますので、歯を強くする事ができます。

 

専門スタッフによる、ブラッシング指導をしております。

赤ちゃんとお母さんのために

赤ちゃんのお口の中をむし歯から守るには、お母さんのお口に中を清潔に保つことが大切です。この時期、お母さんの体に起こるさまざまな変化がお口の健康に影響を与えますが、実は赤ちゃんにも大きく影響しているのです。
お口の中をキレイに、しっかりサポートしてもらっているお母さんは安心して赤ちゃんとスキンシップをとることができるでしょう。

要注意 むし歯菌は感染します。

生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど無菌状態で生まれてきます。
そして、2~3歳までに口の最近の生態系は完成するといわれています。この期間にむし歯の原因菌に感染しますと、生涯、むし歯のできやすい歯になってしまいます。
感染の原因はお母さんの口から伝わるがほとんどです。
赤ちゃんのお口の健康のためにもまずはお母さんのお口の環境を整えることが大切です。

妊婦無料歯科検診

妊娠すると、ホルモンバランスの変化やつわりによる歯みがき不足などが原因で、歯肉が腫れやすくなったり、むし歯になりやすい状態となります。重度の歯周病により、早産・低体重児出産の頻度が高まる可能性も報告されています。 ママのお口の中の健康状態が、生まれてくる赤ちゃんに大きく影響します。 できるだけ妊娠12週~27週頃に歯科健診を受けましょう!

・受診の際は必ず妊婦歯科健診受診券をお持ちください。
・受診券の交付がない場合は、お住まいの地域の保健センターにて交付を受けたのちに来院してください。