歯茎の炎症や口臭が気になる方は、歯周病の恐れがありますので一度ご相談ください。

歯周病とは

歯の周りには、いくつかの歯を支える組織(歯肉・セメント質・歯根膜・歯槽骨)があります。歯周病とは、それらの組織が細菌に感染して炎症が起こることによって始まります。
歯周病は、知らない間に進行していき、ほうっておくと歯ぐきから膿が出てきたり、痛みが出たり、やがては歯を支える骨(歯槽骨)まで破壊され、歯がグラグラになり最後には歯が自然に抜け落ちてしまいます。

 
 

歯ぐきから血や膿(ウミ)が出る

歯ぐきが腫れる

口臭がすると指摘された

歯がぐらぐら動く

朝、口がネバネバする

歯と歯の間に物がよくはさまる

歯が浮いた感じがする

歯ぐきが下がり、歯がしみる

歯磨きの時、歯ぐきが痛い

硬いものが咬みにくくなった

 

歯周病の予防

正しい磨き方は歯周病やむし歯予防をする上で欠かせません。正しい磨き方をする習慣をしっかりつけましょう!
歯周病の大きな原因はプラークにあります。単純に考えれば日々の歯磨きによってプラークを取り除くことができれば、歯周病を予防する事ができるということですが、単に長時間磨いたり、強く磨いたりするだけでは取り除くことはできません。実際に歯に付着したプラークを完全に取り除くとこは難しいです。
歯並びが一人一人違うように、歯の形や並びによって磨き方も変わってきます。自分に合った歯磨きをすることを心がけましょう。 歯磨きをするタイミングとしては、食事をした後には、可能な限り歯磨きをしましょう。
最低でも朝食をした後と夜の就寝前の朝夜2回は丁寧に時間をかけて歯磨きをしてください。