愛知県豊川市御油町八面前4-8

<定期検診の大切さ>

<定期検診の大切さ>

2017年8月22日

先日 テレビ番組の中でマツコ・デラックスさんが、ある出来事がきっかけで年に1〜2回は歯科検診を受けないといけないと痛感したと話していました。
「一度治療して銀歯を被せれば一生大丈夫なんて思っていたら大変なことになっている場合があると。虫歯が進行して頭蓋骨の空洞にかなりの膿が溜まっており、外科手術を受ける一歩手前だった。銀歯の奥でエライ事になっている場合があるので歯の定期検診は大事だ」

と訴えたのです。
 
 虫歯は他の病気と大きく異なる疾患です。病気になると治療をすれば治癒するのが普通ですが、虫歯は治癒することはありません。虫歯の治療を歯科医院で受けたとしても元通りにはなりません。つまり治癒するととがないということです。虫歯になれば、放っておいても自然に治ることはありません。必ず進行していき、そのまま放っておくと虫歯が歯髄(神経)まで達しズキズキと痛んできます。虫歯になってしまったら必ず歯科医院で治療をしなければいけませんが、虫歯の治療を受けたとしても一度治療をした歯が銀歯などの詰め物と歯との境目から再び虫歯になること(2次カリエス)が非常に多いと言うことを歯科医師はとても多く経験しています。 実際、一度虫歯を治療して銀歯を入れたとしても、再びその歯が虫歯になり、再治療を必要とするまでに平均で7年と言われています。再び虫歯になってしまった時には神経を取らなくてはならない事が多いのです。酷くなると頭蓋骨の空洞に膿が溜まってしまい、外科手術を受けなければいけない事になります。


 虫歯がある人のお口の中には虫歯菌が常駐しています。虫歯菌がなくなることはありません。虫歯を治療したら歯科医院とのお付き合いは終わりではないのです。痛くなったらまた通院すればいいのではなく、一度治療した歯が再び虫歯にならないよう・新しく虫歯にならないように歯科医院で定期的な検査・調整・クリーニングを続ける事が重要なのです。
年に2〜3回 定期検診を受診することにより、虫歯など小さなうちに発見することが出来ます。歯は一度失うと戻ってくることはありません。きちんとしたメンテナンスを行うことで新たなお口のトラブルを防ぐことが出来、いつもでも健康なお口で過ごすことが出来るので、定期的に歯科医院で定期検査をしましょう。
 

ご予約は 今泉歯科診療院 へ 0533-87-4056 

フリー素材