愛知県豊川市御油町八面前4-8

入れ歯の種類

入れ歯の種類

2018年7月26日

入れ歯の種類

ここでは保険の入れ歯を含めた入れ歯の比較を表にまとめております。
入れ歯の素材によって、その機能も費用も異なります。
入れ歯が初めての方や、金属バネが気になる方には、最新のノンクラスプデンチャーが人気がありお勧めです。

プラスチック床
(レジン)

  • 保険が適用される
  • 6ヶ月ごとに再製作できる
  • 厚みがあり、割れやすい
  • すり減りやすい
  • 違和感が大きい

金属床
(コバルトクロム・チタン・白金化金)

  • 上顎が広く感じる
  • 熱が顎に伝わる
  • 顎の形によっては作製困難
  • 変形が少ない
  • 汚れにくく、衛生的

ノンクラスプデンチャー

  • 金属が見えない
  • 軽く、装着感が良い
  • 残っている歯に負担がない
  • 金属アレルギーの方に最適
  • 弾力が強く破損しにくい

インプラント義歯

  • 最も入れ歯を固定できる
  • 入れ歯による痛みを軽減できる
  • 自分の歯に近い感覚
  • 違和感が少ない
  • 手術が必要